病院M&A支援ソリューション

 

 

 

医療制度の変更によって、今後の医療は「各サービス提供者たちが手を取り合い、地域全体で住民の生活を支える」ものへと変化します。同時に、病院のREIT化の認可や病院M&A需要の増加に伴って、病院を評価する機会は増加していくことが予想されます。病院の「地域への取り組み」が重視される社会では、「経営者の方が今までなされてきた地域への取り組み」や、「今後地域へどのような貢献をなされていくのか」を含めて評価することが必要です。

本ソリューションは、今まで勘案されていなかったこれらの指標を含め、病院の価値を評価するものです。

背景・問題意識

高齢化に伴う社会問題や、制度の改革に伴い医療分野では様々な問題が生じています。

  • 事業承継問題
    • 医師の高齢化によって事業継続が困難となっています。
  • 医療供給体制の変化
    • 診療報酬改定や、病床機能報告制度などの医療の提供体制が変化しています。
  • 地域環境の変化
    • 地域の高齢化によって求められる医療や介護の質が変化しています。

病院M&A関係者たちのニーズ

病院M&Aの際には、各フェーズにおいて病院の評価を参照することになります。

 

病院・診療所、医療法人

財務や施設状況以外の活動も評価します。これによって、病院の価値に「患者からの信頼」といったものを含めることができます。

投資家・不動産信託【M&A・REIT】

医療制度の改革による病院価値の変化を見込んだ評価指標があることで、ローリスクな投資を行うことができます。

政府・地方自治体【医療保険財政・高齢者のサポート】

医療制度改革の実現度を評価可能な指標があることで、医療・看護・介護の需要ギャップの解消に向けた、現実的なプランを立てることができます。

 

ソリューション:新たな評価方法

地域への貢献度の評価

病院の今までの活動から、地域へどの程度貢献しているのか評価します。その地域での役割、診療科目別のシェアを鑑みて、総合的に評価を行います。将来においての貢献度も予測し評価します。

他施設との連携レベルの評価

地域が一体となり医療・介護体制をサポートする、多職種連携の実現度を評価します。将来の患者層を見極め、急性期から回復期への転換を行うなど、地域環境の変化を見据えた経営なども総合的に評価します。

アウトプットイメージ

詳細については、お問い合わせください。