介護施設における夜間業務負担軽減

 

介護現場における負荷軽減と入居者の安全性の確保という相反する課題の解決が必要とされています。また特に夜間業務では職員の負荷も高く、入居者の睡眠時の身体状態の管理の仕組みは、職員の負荷軽減という面からも今後の介護施設整備の重要な要素の一つです。そこで本ソリューションで介護施設における負荷軽減と共に安全性の向上を支援します。

 

 


ソリューション詳細

・施設内で入居者の身体状態管理が可能なデバイスを利用し、睡眠状態をモニタリング・分析する。

・高齢者の健康状態の変化やその兆候・要因を早いタイミングで把握し施設運用者に提供する。

・夜間熱中症(熱中症の9割は屋内であり、その約半数が夜間に発症しています。また特に高齢者の発症リスクが高いことが特徴です。)、概日リズム睡眠障害、うつ病等の兆候の早期発見、夜間徘徊などを検知する。


想定される成果

・介護職員の業務負荷の軽減

・入居者の身体安全確保(転倒防止、夜間熱中症帽子、概日リズム睡眠障害、うつ病等の兆候、夜間徘徊対応、等)

・訪問介護に適用拡大することによる「居宅等における医療・介護の提供」の促進

・医療機関との連携による入居者の現病重症化予防や要介護度進展帽子