高齢者の健康情報管理による在宅医療促進

 

高齢化の進展により、医療・介護現場、患者の両面から在宅医療の質的向上が求められています。そこで在宅医療サービスの情報基盤及び、身体状態や活動量などの健康情報の活用が重要となります。様々な情報を適切に連携・活用していくことで、再発や重症化の予防・要介護度進展の防止に繋げることが可能となります。

 

 


ソリューション詳細

・在宅医療患者を対象とし、睡眠時のデータを取得・分析し、分析結果を在宅医療サービス提供者と共有します。

・それにより、対象患者の健康状態の変化や、変化の兆候・要因を早期に検出します。

・また退院前つまり在宅医療を受ける前から、これらを提供することで帰宅時に途切れることないサービス環境・体制も可能となります。


想定される成果

・在宅医療サービスを提供する情報基盤整備

・病診連携を始めとした地域医療連携の促進

・患者の重症化予防や要介護度進展防止

・地域医療介護総合確保促進法で期待される「居宅等における医療の提供」、「医療従事者の確保」への貢献

・在宅復帰の支援