介護DXサービス「OwlCare」が、厚労省、経産省、文科省、日本学術振興会の後援で開催された日本初のエイジテック2021アワードで優良賞を受賞

Release

介護DXサービス「OwlCare」が、厚労省、経産省、文科省、日本学術振興会の後援で開催された日本初のエイジテック2021アワードで優良賞を受賞

2021/12/01

ウェルエイジング経済フォーラムは、高齢先進国、日本の2050年を見据えたビジョンを描き、実現のための課題解決・価値創造を目指す全世代型・政官民産学、立場を超えた共創・公益コミュニティです。

日本初「今年のエイジテック」として、科学技術・イノベーション(Science, Technology and Innovation:STI)を用いて持続可能な超高齢社会における包摂性とWellbeingを高めるなど社会課題を解決に導くことにより国連が定めるSDGs2nd edition ‘The Decade of Healthy Ageing 2021-2030’ の達成を目指す、国内における優れた取組(研究開発、製品・サービス企画、ビジネスプラン、情報発信、キャンペーン等を含む様々な取組)を対象に審査が行われました。

その結果、多数の候補の中からエイジテック2021アワード優良賞として、EMC Healthcareの介護DXサービス「OwlCare」が評価、選定されました。

【ウェルエイジング経済フォーラム】
https://www.wellaging-forum.org