疲労リスクを最小化

ウェアラブルデバイスによって疲労を管理し、睡眠を改善。疲労に起因するリスクを減らすことで、事故を回避し、生産性を向上しましょう。

Eagle Matrix ConsultingはFatigue Scienceの

日本唯一の販売代理店です。

客観情報は全てを変える。

社会人が直面する重大なリスクである疲労は目に見えず、予測することは難しい。だからこそ米陸軍研究所は世界最先端の疲労モデルを開発しました。

計測>管理>削減

個人の睡眠パターンをウェアラブルデバイスReadibandTMによって捉え、Fatigue Science社が独占契約しているSAFTETM疲労モデルに基いて適切に疲労を管理することで働く人に力を与えます。

計測

「いつもの」疲労状態を知る。

ReadibandTMによって数日分の睡眠情報を取得することで、ベースラインとなる「いつもの」疲労リスクを知ることが出来ます。このリスクは我々のSAFTETMアラートネス・スコアによって算出されます。そしてこのスコアは反応時間や意思決定能力、そして集中力などと密接に関連します。

この個人別のベースラインは将来の疲労改善のベンチマークスコアになります。

管理

改善目標を定めましょう。

ベースラインを発見したら、より低い、安全な疲労状態を達成するためにアラートネス・スコアの目標値を設定します。低い疲労状態は時間の経過とともに累積的な影響を受ける改善の産物です。ReadibandTMモバイルアプリに含まれているトレーニングプログラムは一晩では届かないゴールに徐々に近づけるようにユーザーにアドバイスを提供します。明確な目標を念頭に置き、進捗状況を追跡することで、ユーザーは日々の睡眠週間を維持しやすくなります。

削減

可視化によって長期に渡る改善を。

睡眠習慣トレーニングを始め、具体化された目標に向かうユーザーは、毎朝どれほど改善したかが目に見えます。 アプリを開き、毎日のアラートネス・スコアを確認することで、疲労度の数値を基にリスク意識と注意を促すダイナミックな体験が実現します。 そして、小さくて着実な改善を視覚化することで、ユーザーはモチベーションを維持し、最終的にはより安全で健康で生産性高いプロフェッショナルになるために疲労を大幅に減らすことができます。

Fatigue Science ReadibandTM

働く人にとって使いやすい形をデザインしました。

ReadibandTMと専用アプリは、現場における様々なニーズに注意を払って、根底からデザインされました。 ReadibandTMは、プライバシーオプションが充実した安全なプラットフォーム上に構築されており、シームレスなデータ収集、長時間のバッテリ寿命、実用的な耐水性を備えています。

疲労を削減し、事故を防ぐ。
そして生産性を向上させる。