アスリートの疲労リスクを最小限に。
パフォーマンスを最大限に。

睡眠と疲労リスクのデータを元に、選手やコーチの意思決定をサポート

Fatigue Scienceのアスリート向け疲労管理サービスは、選手自身やチームの監督、コーチ、メディカルトレーナーといったスポーツ関係者へ向けて、パフォーマンスを最大化させるための睡眠と疲労リスクを可視化することによるソリューションです。

導入事例

導入するメリット

睡眠の影響を可視化

米国陸軍研究所によって開発されたSAFTETM疲労モデルによって睡眠の情報から疲労リスクを予測します。

手軽な自己管理メソッド

ウェアラブルデバイスを睡眠時に装着するだけで情報を取得可能です。また、スマホアプリでいつでも手軽に状態を確認することができます。

スケジュール管理をサポート

予測モデルによって、選手のコンディション変動を把握し、試合に合わせた予定調整を可能とします。

選手起用の評価指標に

チームの選手情報を比較して閲覧することによって、その日のコンディションを把握し、起用方針を検討することができます。

コミュニケーションの促進

可視化された日々の情報は、選手とコーチ間の指導方針の相談や、選手同士の相互理解促進へと繋がります。

分析用データのダウンロード

睡眠と疲労リスクの情報はCSVデータとしてダウンロードすることが可能です。さらに詳細なコンディションの分析等へと活用することができます。

サービスの特徴

DEVICE

着け心地を追求したReadiband™️

約30日間持続するバッテリーと耐水性、こだわり抜いたつけ心地によって、アスリートの装着への抵抗感を最大限に小さくしました。 GPSによる追跡機能もありません。プライバシーに配慮しつつ質の高いの眠情報を取得することができます。

APP

アプリによる自己管理

ReadibandTMアプリによって選手個人に睡眠と疲労管理を促すことができます。毎日の睡眠フィードバックと効率性、その日の疲労リスク予測グラフが選手自身の生活をサポートします。

ANALYTICS

予測分析によるチーム状態の可視化

睡眠の情報からSAFTETM疲労モデルによってアスリートの疲労リスクと変動予測を数値化します。チームメンバの状態比較や相互閲覧によってコミュニケーションを促進し、データはPDFレポートもしくはCSVデータにてダウンロードが可能です。また、閲覧権限はメンバーごとに細かに設定することによってプライバシーに配慮した運用も実現します。