疲労リスクは予測できる。
睡眠管理で始める、組織の健康経営。

組織の働き方に課題を抱えていませんか?

✔️ 働き方改革や健康経営で何をすれば良いか分からない。

✔️ 費用対効果があいまいで初期コストへの投資がしづらい。

✔️ 定期検診やストレスチェック以外に取り組みたい。

✔️ 部署や個人の状態が分からず、休養が必要か判断できない。

✔️ 従業員自ら、健康への意識が変わるようにしたい。

Fatigue Scienceの疲労リスク管理は働き方改革健康経営に対するシンプルなソリューションです。

睡眠の分析によって疲労リスクを予測

ウェアラブルデバイスのReadiband™️によって睡眠を計測し、米国陸軍研究所によって開発されたSAFTE™️モデルを用いて疲労リスクの変化を予測します。それらのデータを元に組織や個人ごとに合わせてパフォーマンスの最大化を図ることができます。

導入するメリット

業務上のリスク回避

疲労リスクの変化を把握することは、インシデントやアクシデント発生率の最小化へと繋がります。

個人のパフォーマンス改善

睡眠習慣を定量的に評価し、マネジメントすることは日中のパフォーマンスを最大化させます。

組織のイメージ向上

プライバシーに配慮した働き方の改善は、対外的なイメージアップ効果も発揮します。

導入事例

Coming Soon

Coming Soon

Coming Soon

サービス紹介ビデオ

サービスの特徴

MEASURE

睡眠の計測と疲労リスクの可視化

ReadibandTMを身に着けることによって、日々の睡眠記録を自動で取得し、疲労リスクを可視化します。 GPS機能による追跡はありません。プライバシーオプションも充実しているので組織方針や個人に合わせて導入することが可能です。約30日間の長時間バッテリーと実用的な耐水性を備えています。

PREDICT

疲労リスクの変化を予測

数日分の睡眠情報を取得することで、ベースラインとなる「いつもの」疲労リスク状態を知ることができます。また、SAFTETMモデルによって疲労リスクの予測グラフを確認することも可能です。個人に合わせて目標設定をすることで日々の状態変化を確認しながら改善進捗を見ることができます。

MANAGE

部署や個人の管理にデータを活用

組織全体や部署のサマリーから個人の詳細なデータまでを導入時のプライバシーオプションに応じて閲覧することが可能です。組織の運営方針に合わせてチームや個人単位のデータを元にした働き方改善を可能とします。

よくある質問

Q1.サービスの強みは何ですか?

睡眠情報のみからの疲労リスクの予測により、組織や個人への行動変容を促すことが可能であるところです。日中は身に着ける必要もなく、過去の情報の蓄積にとどまらないことで健康的な働き方や生活を後押しします。

Q2.従業員のプライバシーは守られますか?

契約時に管理者が見ることのできる情報と、マネージャーや従業員が見ることのできる情報の設定が可能です。睡眠や疲労の状態をオープンにした運用や管理側は組織の統計レポートのみが閲覧可能で詳細な情報は本人のみ確認ができるといった運用も可能です。

Q3.少人数からの導入は可能ですか?

可能です。経営陣のみの運用や管理職の疲労状態管理、特定の部署やチームへの導入といった対応もできます。

Q4.ウェアラブルデバイスのReadibandTMは買取ですか?

ウェアラブルデバイスは買取のみとなっております。無料トライアルのキャンペーン期間にはデモ用の貸し出し機を用意しております。

Q5.サポート費用はかかりますか?

月々のシステム利用料に含まれた金額となっております。詳しくはお問い合わせください。